明治のスナック菓子『カール』が東日本から撤退、ラインナップも縮小

自動車 ビジネス 国内マーケット

大人の贅沢カール、濃厚炙りチーズ味(左)と熟旨炙りカレー味。2月に登場。
  • 大人の贅沢カール、濃厚炙りチーズ味(左)と熟旨炙りカレー味。2月に登場。
  • カール。2014年の企画パッケージ。
食品・菓子メーカーの明治は25日、スナック菓子『カール』の製品ラインナップと販売地域の大幅縮小を発表した。カールは1968年発売のロングセラーだ。秋からは西日本で、現在の7品目中2品目のみの販売を継続する。

販売地域縮小……「カールチーズあじ」および「カールうすあじ」は2017年8月生産分より全国での販売 を終了し、関西地域以西(滋賀県・京都府・奈良県・和歌山県以西)での販売とする。

販売終了……「カールカレーあじ」、「大人の贅沢カール(濃厚炙りチーズ味、熟旨炙りカレー味)」、「小つぶカール(チーズあじ、うすあじ)」は2017年8月生産分限りで販売を終了する。

明治によると、すでにカールは、市場環境や顧客ニーズの変化に伴う競争優位性の低下や、 販売規模の長期的な低迷による収益性の悪化により、販売を全面的に中止せざるを得ない状況にあったという。

そのため3年ほど前より存続の可能性を広く模索してきた。「あらゆる選択肢の中から販売継続の方向性を検討した結果」、販売地域および商品ラインナップを縮小して販売を継続することにした。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品