ペダル踏み間違えのクルマが民家に突っ込み、住人が重傷

自動車 社会 社会

22日午前9時50分ごろ、滋賀県野洲市内にある駐車場で軽乗用車が暴走。道路を挟んで反対側にある民家に突っ込む事故が起きた。この事故で民家の住人が重傷。警察はクルマを運転していた高齢男性から事情を聞いている。

滋賀県警・守山署によると、現場は野洲市永原付近。軽乗用車は民家敷地内にある駐車場から急加速するようにして発進。片側1車線の道路を挟んで反対側にある民家の玄関部に突っ込んだ。

この事故で突っ込まれた家に住む65歳の女性が両膝を骨折するなどの重傷を負った。軽乗用車に乗っていた2人にケガはなく、警察は運転していた81歳の男性から自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)容疑で事情を聞いている。

聴取に対して運転者の男性は「アクセルとブレーキを踏み間違えた」などと供述しているようだ。警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集