日産、自動車製造設備保全の矢嶋渡氏が黄綬褒章を受章

自動車 ビジネス
日産自動車栃木工場
  • 日産自動車栃木工場
  • 日産自動車栃木工場
日産自動車は、平成29年春の褒章において、同社栃木工場工務部第一工務課に所属する矢嶋渡氏が「黄綬褒章」を受章し、16日に伝達式が行われたと発表した。

黄綬褒章は、その道一筋に業務に精励し衆民の模範である人を対象に贈られるもので、矢嶋氏は、同社で40年間、自動車製造設備保全に従事している。今回の受賞では、塗装品質を左右する設備の安定稼働に同氏の卓越した設備診断・分析技能が活かされ、栃木工場において業界トップレベルの塗装品質が実現したことなどの功績が認められた。

なお同氏は、平成25年度に「卓越した技能者」栃木県知事賞を受賞並びに「とちぎマイスター」に認定されるとともに、平成27年度に「卓越した技能者」厚生労働大臣賞「現代の名工」を受賞し、今回の黄綬褒章の受章に至った。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 自動運転は「運転支援技術」…不適切なアドバイスで事故、警察庁と国土交通省が注意喚起 画像 自動運転は「運転支援技術」…不適切なアドバイスで事故、警察庁と国土交通省が注意喚起
  • EVカーシェアを宿泊施設で展開…日産×JTBの「ゼロエミッション・ツーリズム」 画像 EVカーシェアを宿泊施設で展開…日産×JTBの「ゼロエミッション・ツーリズム」
  • 高齢者に限定条件付免許を検討、事故防止と生活の足と両立に向けて…警察庁 画像 高齢者に限定条件付免許を検討、事故防止と生活の足と両立に向けて…警察庁
  • 日産、自動変速機開発の赤坂量康氏が黄綬褒章を受章 画像 日産、自動変速機開発の赤坂量康氏が黄綬褒章を受章

特集

おすすめのニュース