仮装して集団暴走、パトカー挑発の少年10人を書類送検…サンタクロースやトナカイ

自動車 社会 社会

昨年12月、大阪府泉南市や泉佐野市内でバイク7台による暴走行為を繰り返したとして、大阪府警は10日、事件当時15-17歳だった少年10人を道路交通法違反(共同危険行為など)の容疑で書類送検した。

大阪府警・泉南署によると、道交法違反容疑で書類送検された少年10人は2016年12月25日の未明、泉南市や泉佐野市内でバイク7台に分乗し、サンタクロースやトナカイの衣装を着たうえで「クリスマス暴走」と称した暴走行為を繰り返した疑いがもたれている。

少年らは事前に「暴走しているバイクの集団がいる」として警察に通報。これを受けて駆けつけた同署員を挑発するように暴走を行なっていたという。

聴取に対しては「パトカーと鬼ごっこをしていた」などと供述。容疑への関与を認めているという。警察では暴走集団の指揮系統を含め、実態の解明も進める方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集