JR四国のトロッコ列車がごめん・なはり線へ 4月1日から

鉄道 企業動向
『太平洋パノラマトロッコ号』の案内。
  • 『太平洋パノラマトロッコ号』の案内。
土佐くろしお鉄道は3月27日、ごめん・なはり線でJR四国のトロッコ列車を4月1日から運行すると発表した。

このトロッコ列車は『太平洋パノラマトロッコ号』と題し、JRグループの四国デスティネーションキャンペーンの一環として運行されるもの。JR四国のキクハ32形を使用し、高知~安芸・奈半利間を2往復する。運行日は4・5月の土休日。

運行時刻は『太平洋パノラマトロッコ2号』が高知9時59分発~安芸11時44分着・11時50分発~奈半利12時10分着、『太平洋パノラマトロッコ1号』が奈半利12時30分発~安芸12時52分着・13時07分発~高知14時50分着、『太平洋パノラマトロッコ4号』が高知15時50分発~安芸17時31分着、『太平洋パノラマトロッコ3号』が安芸17時55分発~高知19時25分着。

安芸~奈半利間を除き全車指定席で、トロッコ車両に乗車できるのは、のいち~安芸間。高知~安芸間では途中乗降できない。

各列車の定員は59人で、乗車費用(運賃+指定席料金)は高知~安芸間が大人1690円・子供850円、高知~奈半利間が大人1850円・子供930円。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • 10年ぶりに旧神岡鉄道の気動車が走行 4月8日 画像 10年ぶりに旧神岡鉄道の気動車が走行 4月8日
  • トロッコ列車や旧型客車など運行…JR旅客6社、春の臨時列車を発表 画像 トロッコ列車や旧型客車など運行…JR旅客6社、春の臨時列車を発表
  • JR四国2600系アンベール…2000系を置き換え 画像 JR四国2600系アンベール…2000系を置き換え
  • 【バンコクモーターショー2017】タイ国内での販売実績が低迷する中、需要増の期待を込めて開幕 画像 【バンコクモーターショー2017】タイ国内での販売実績が低迷する中、需要増の期待を込めて開幕

特集