明知鉄道の新型車「アケチ101」は4月8日から運行開始

鉄道 企業動向
アケチ6形と同じくクリーム地に赤いラインが入る塗色となったアケチ101形。
  • アケチ6形と同じくクリーム地に赤いラインが入る塗色となったアケチ101形。
明知鉄道は3月24日、新型車両アケチ100形101号(アケチ101)の運行を4月8日から開始すると発表した。

アケチ101は3月31日限りで引退するアケチ6形に代わり、新潟トランシスで製造された定員119人の18m気動車で、「岐阜県鉄道老朽化施設整備計画」に基づいて導入されるもの。同鉄道としては17年ぶりの新車となるが、従来車のアケチ10形とは併結できない仕様となっている。

4月8日は明智12時33分発・15時14分発、恵那13時40分発・16時15分発、4月9日は明智10時20分発・13時49分発、恵那11時16分・15時05分発の列車で運用される予定。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース