【シカゴモーターショー2017】トヨタのフルサイズSUV、セコイア に2018年型…表情一新

自動車 ニューモデル モーターショー
トヨタ・セコイア2018年型
  • トヨタ・セコイア2018年型
  • トヨタ・セコイア2018年型
  • トヨタ・セコイア2018年型
  • トヨタ・セコイア2018年型
  • トヨタ・セコイア2018年型
トヨタ自動車は2月10日、米国で開幕したシカゴモーターショー2017において、フルサイズSUVの『セコイア』の2018年モデルを初公開した。

セコイアは、トヨタの北米向けフルサイズSUV。フルサイズピックアップトラックの『タンドラ』の車台をベースに開発された。『ランドクルーザー200』よりもひと回り大きな車体には、3列シート、最大8名乗車が可能な室内を備える。

現行の2世代目モデルは2007年秋、ロサンゼルスモーターショー2007でデビュー。今回、シカゴモーターショーで初公開された2018年型では、大幅改良が施され、さらなるモデルライフの延長が図られた。

2018年モデルでは、全車が外観をイメージチェンジ。グレードに応じて、専用デザインのグリルが与えられる。新デザインのLEDヘッドライト&フォグランプ、LEDデイタイムランニングライトの効果もあって、表情を一新することに成功している。

また、2018年モデルには、「TRDスポーツ」を新設定。TRDスポーツチューンのビルシュタイン製ダンパー、TRD製スタビライザー、20インチアルミホイールなどを装備。このTRDスポーツには、パワフルな5.7リットルV型8気筒ガソリンエンジンが搭載される。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集