村上開明堂、バックミラー国内外好調で営業益16.8%増 第3四半期決算

自動車 ビジネス 企業動向
村上開明堂は2月7日、2016年4~12月期(第3四半期累計)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は488億4300万円(前年同期比+0.9%)、営業利益は51億2200万円(+16.8%)、経常利益は52億6400万円(+14.0%)、純利益は32億8200万円(+3.8%)だった。

主力の自動車用バックミラーが国内をはじめ、中国や北米で好調な販売を続け、売上高は0.9%の増収。営業利益も増収や合理化諸施策の効果等により16.8%の増益となった。

通期業績見通しは、前回予測を据え置いた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • ホンダと日立オートモティブシステムズ、電動車両用モーター事業の合弁会社設立へ 画像 ホンダと日立オートモティブシステムズ、電動車両用モーター事業の合弁会社設立へ
  • ルネサス、車載マイコン向けモータ制御専用回路技術を開発…次世代EVの航続距離延長に貢献 画像 ルネサス、車載マイコン向けモータ制御専用回路技術を開発…次世代EVの航続距離延長に貢献
  • カーセンサー、VR技術でバーチャル試乗できる新機能を追加 画像 カーセンサー、VR技術でバーチャル試乗できる新機能を追加
  • スバル富士重の世界生産台数、初の100万台突破 2016年実績 画像 スバル富士重の世界生産台数、初の100万台突破 2016年実績

特集