首都高湾岸線、伸縮装置の破損で物損事故発生

自動車 社会 社会
首都高湾岸線(資料画像)
  • 首都高湾岸線(資料画像)
首都高速道路は、1月24日12時44分頃、湾岸線東行き千鳥町出口分流先に設置してある伸縮装置の一部が破損し、走行中の車両に損傷を与える事故が発生したと発表した。

事故は、湾岸線東行き千鳥町出口分流先の本線上路面に設置してある伸縮装置の一部(長さ80cm×幅15cm×厚さ4cm)破損が原因。走行中の車両が接触し、損傷を受けた。人身被害はなかった。なお、首都高では同地点を走行中、車両に損傷を受けたなど、心当たりのあるドライバーは連絡するよう呼びかけている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集