ANA、羽田=ジャカルタ線を増便へ…快適性を向上した機材を投入 8月1日から

航空 企業動向
ANA
  • ANA
全日本空輸(ANA)グループは、2017年度の国際線の航空輸送事業計画を策定した。

2017年度は、羽田空港の深夜早朝時間帯を活用し、8月1日から羽田=ジャカルタ線を増便する。ANAは現在、羽田から東南アジア6都市に就航しているが、今回の増便に伴い、シンガポール・バンコクに加え、ジャカルタにも1日2便(往復)の運航となる。

運航ダイヤは、既存の「羽田空港午前発」「羽田空港朝着」に加え、新たに「羽田空港深夜発(23時30分発)」「羽田空港夕方着(16時30分着)」便を設定する。機材にはボーイング787-8型機を使用する。

3月26日から成田=成都線を週4便から7便に増便、週10~14便で運航している羽田=香港線は週9便に減らす。

また、ANAでは現在、北米・欧州・オセアニアに運航する全便にフルフラットシートを装着したビジネスクラスとプレミアムエコノミーサービスを提供している。アジア線でも飛行時間が長い東南アジアやインドに運航する便を中心に、ビジネスクラスのフルフラット化、プレミアムエコノミーサービスの導入を推進する。

2017年10月末までに、ビジネスクラスのフルフラットシート、プレミアムエコノミーサービスを提供するアジア路線を8路線11便に拡大するほか、ホノルル線でも2017年9月からは全便でビジネスクラスのフルフラットシート、プレミアムエコノミーサービスを提供する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集