阪急電鉄、十三駅にホームドア設置へ…2019年春設置目指す

鉄道 企業動向
阪急が十三駅に設置するホームドアのイメージ。2019年春頃までの設置を目指す。
  • 阪急が十三駅に設置するホームドアのイメージ。2019年春頃までの設置を目指す。
  • 十三駅の平面図。3~5番線ホームにホームドア(赤)を整備する。
  • ホームドアが設置される十三駅の4・5番線ホーム。このほか3番線ホームにも設置される。
阪急電鉄は12月1日、十三駅(大阪市淀川区)に可動式ホーム柵(ホームドア)を設置すると発表した。2019年春頃までの設置完了に向け、検討を行う。同社がホームドアを設置するのは、これが初めてになる。

十三駅は1910年3月、現在の宝塚本線の駅として開業。続いて1920年7月に現在の神戸本線、1921年4月に現在の京都本線が乗り入れ、各線が3方向に分かれる分岐駅となっている。

発表によると、ホームドアは宝塚本線の3・4番線ホームと、京都本線(河原町方面行き)の5番線ホームに設置する。ホームドアはドア部分を透明にしたものを採用。2019年春頃までに設置を完了させる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 阪急電鉄など4社、「スルKAN」終了後も共通利用継続へ…新カードも発売 画像 阪急電鉄など4社、「スルKAN」終了後も共通利用継続へ…新カードも発売
  • 阪急京都線、洛西口駅付近が上下線とも高架に…踏切3カ所解消 画像 阪急京都線、洛西口駅付近が上下線とも高架に…踏切3カ所解消
  • 横浜線の町田駅に低コストホームドア 12月17日試行開始 画像 横浜線の町田駅に低コストホームドア 12月17日試行開始
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース