昭和電工、自動車用アルミ部品をマレーシアで一貫生産へ

自動車 ビジネス 企業動向
昭和電工のホームページ
  • 昭和電工のホームページ
昭和電工は、マレーシアのアルミニウム鋳造工場「ショウティック・マレーシア」(STM)に、シンガポールのアルミニウム鍛造工場「ショウティック・シンガポール」(STS)を統合すると発表した。STMは、来年上期に鍛造品の生産を開始する。

昭和電工グループのアルミニウム連続鋳造棒「ショウティック」は、独自の連続鋳造技術で、均一かつ微細な金属組織を実現し、高温強度・耐摩耗性・耐食性に優れる特性を持つ。この連続鋳造棒を素材として使用し強度・耐摩耗性・低熱膨張性の優れた特性をもつアルミニウム鍛造品を生産している。

これら連続鋳造棒と鍛造品をショウティック事業として展開し、自動車コンプレッサー部品やエンジンピストン、サスペンションなどの用途に向けに提供している。

現在、同社グループではショウティック事業の製造拠点として国内1拠点、海外3拠点を持つ。海外拠点は、鋳造工場であるSTM、鍛造工場であるSTSとポルトガルのショウティック・ヨーロッパ(STE)。STMは、東南アジアにおけるショウティック事業の拡大と鋳造工程の2拠点化によるサプライチェーンの安定強化に向けて2014年に操業を開始した。

世界的に自動車の軽量化ニーズが高まり、今後、アルミ自動車部品の需要拡大が予想される中、STSの鍛造機能をSTMに移管し、鋳造・鍛造の一貫生産体制を構築することにした。これによって品質・生産性の向上と効率的な運営を行うことで、グローバル競争力を強化するとともに、アセアン・中国・インド地域のニーズに的確に応える。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース