ルフトハンザドイツ航空、ボーイング737に別れ告げる

航空 企業動向
ルフトハンザドイツ航空、ボーイング737に別れ告げる
  • ルフトハンザドイツ航空、ボーイング737に別れ告げる

ルフトハンザドイツ航空は10月31日、ボーイング「737」のラストフライト(ハンブルク発フランクフルト着)を行った。

ルフトハンザは約50年前にボーイング「737-100」を受領して以来、計148機の737を保有してきた。31日のラストフライトに先立ち、定期便ラストフライトは29日に行われた。退役機材(6機の「737-300」)は近日中に米フロリダ州に移され、転売される予定。

ルフトハンザは今後、欧州内路線の運航機材をエアバス「A320」ファミリーに絞る。ルフトハンザは現在、約150機のA320ファミリー(「A319」、「A320」、「A321」)を保有。その中には最新機材の「A320neo」も含まれている。

《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

おすすめのニュース