横浜ゴム、CDP気候変動レポートで最高評価Aリストに認定

自動車 ビジネス 企業動向
CDP気候変動レポート2016
  • CDP気候変動レポート2016
  • 小松滋夫取締役常務執行役員
横浜ゴムは10月27日、国際NPOのCDPが公表した「CDP気候変動レポート2016」において、最高評価のAリストに認定されたと発表した。

CDPは2000年、英国に設立され、運用資産総額100兆米ドルを有する822人の機関投資家の代表として活動する国際NPO。気候変動Aリストとは、その企業活動が気候変動対応と戦略において世界のリーダーであると評価された企業に与えられるもの。今年度は国内500社を含む全世界6000社以上を対象に実施され、CDPの質問書に対して自社の気候変動情報を開示した企業のうち、世界で193社、日本で22社がAリストに認定された。

今回の認定について小松滋夫 取締役常務執行役員は「温室効果ガス排出量の削減に寄与する環境貢献商品は現在98%に達している。特にタイヤでは、最高レベルの環境性能に加え、雨天や降雪時の操縦安定性、耐久性や耐摩耗性能にも優れた商品を提供し続けていく。そのために将来のモビリティ社会を踏まえた技術開発、そして様々な省エネの施策に取り組み、次の100年も社会に貢献する活動を進めていく」と述べた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 日産、「気候変動レポート」で最高評価…3年連続 画像 日産、「気候変動レポート」で最高評価…3年連続
  • 【グッドデザイン16】横浜ゴム、SUV向けタイヤ GEOLANDAR A/T G015 が受賞 画像 【グッドデザイン16】横浜ゴム、SUV向けタイヤ GEOLANDAR A/T G015 が受賞
  • ブリヂストン、持続可能性を評価する世界的株式指標の構成銘柄に初選定 画像 ブリヂストン、持続可能性を評価する世界的株式指標の構成銘柄に初選定
  • BASF、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックスに16年連続で選定 画像 BASF、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックスに16年連続で選定

特集

おすすめのニュース