ジャパンホームシールド、JAXAと月面でも利用可能な地盤調査技術を共同研究

宇宙 企業動向

ジャパンホームシールド(JHS)は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の「宇宙探査イノベーションハブ」の研究テーマとして採択された「スクリュードライビングサウンディング(SDS)による月面でも利用可能な地盤調査技術の確立」についてJAXAと共同研究を開始する。

研究には、JAXAのほか、東京都市大学、日東精工、東急建設も参画、6月から開始する。

今回の研究は、JAXA内の組織「宇宙探査イノベーションハブ」が地上と宇宙の共通課題の研究開発によるイノベーション創出のために行った研究提案事業に採択されたテーマのひとつ。JHSが特許を取得している地盤調査方法・SDS試験の理論を活用、月面でも利用可能な地盤調査技術の確立を目指す。

共同研究では、月面ローバのアースオーガーによる地盤調査方法を提案するとともに、得られた結果から月面の地盤定数を推定する方法を提示する。また、アースオーガー形状の掘削特性から地上での杭打ち施工の管理方法を検討する。

SDS試験は、砂や粘土といった土質を判別できる地盤調査方法で、2010年の提供開始以来、既に17万件超の実績がある。SDS試験の理論を用いれば詳しい土質データが取れるため、その理論を月面で使用するアースオーガー(堀削機器)のデータ解釈に応用できる可能性があり、地上での住宅建築にも有用であることが評価、採択された。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集