マルチスズキの決算、純利益は23%増…2015年度

自動車 ビジネス 企業動向
マルチスズキ アルトK10
  • マルチスズキ アルトK10
  • スズキ セレリオ
  • スズキ SX4 S-クロス

インド乗用車市場で約40%のトップシェアを握るスズキの現地法人、マルチスズキは4月26日、2015年度通期(2015年4月‐2016年3月)の決算を公表した。

同社の発表によると、売上高は5635億0400万ルピー(約9045億円)。前年度の4860億5500万ルピーに対して、15.9%増と2桁の伸びを保つ。

また、2015年度通期の純利益は、457億1400万ルピー(約735億円)。前年度の371億1200万ルピーに対して、23.2%の大幅増益を達成している。

マルチスズキの2015年度の新車販売(輸出を含む)は、2014年度の129万2415台を上回り、過去最高の142万9248台。前年比は10.6%増と、2年連続で増加した。

マルチスズキは、「新型車の投入、ディーラーネットワークの拡大、コスト削減などが、収益性向上につながった」と説明している。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース