クライスラーの新型ミニバン、パシフィカ …米10ベストインテリア2016に

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
クライスラー パシフィカ
  • クライスラー パシフィカ
  • クライスラー パシフィカ
  • クライスラー パシフィカ
米国の自動車大手、FCA USのクライスラーブランドは4月14日、新型ミニバンの『パシフィカ』が、米国の『ワーズオートワールド』誌の「10ベストインテリアオブ2016」の1台に選出された、と発表した。

この賞は、米国で唯一、車のインテリアに着目したアワード。2015年に米国市場に投入された新型車とマイナーチェンジ車を対象に、同誌の編集者が、優れたインテリアを持つモデルを選ぶ。

選考基準は、デザイン、快適性、情報表示のわかりやすさ、品質、安全性など。同誌が毎年発表している「エンジンオブザイヤー」は、エンジンを基準に選ぶエンジンオスカー。

クライスラーブランドの新型ミニバンとして、2016年1月、デトロイトモーターショー16で初公開されたのが、パシフィカ。同車のインテリアは、美しく作り込まれており、ハイテクな要素も融合。広さも追求されている。

『ワーズオートワールド』誌のトム・マーフィー氏は、「高級レザーシートや機能的なシートアレンジ、パノラマルーフなど、顧客がパシフィカを求める多くの理由がある」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集