成田空港ターミナル連絡バスでハンズフリー翻訳タブレットの実証実験

航空 企業動向
ハンズフリー翻訳タブレット利用イメージ
  • ハンズフリー翻訳タブレット利用イメージ
  • 乗客用翻訳タブレットイメージ
  • 乗務員用翻訳タブレットイメージ
成田国際空港は、4月19日から4月27日まで、成田空港ターミナル連絡バスで、音声翻訳技術を活用したハンズフリー翻訳タブレットの実証実験を実施する。

今回の実証実験は、ターミナル間を往復する無料連絡バスの車内で、タブレットとアプリ「NariTra」の音声翻訳エンジンを活用し、乗務員が外国人に対して音声と画面でスムーズに英語・中国語・韓国語で案内するもの。

バス乗務員と乗客ともに、発話開始と終了時の操作が不要。これを実現させるため、雑音除去、発話の区切りを自動認識する技術を活用する。これによって、バス車内で乗客に向けた案内や対話を途切れることなく自動で翻訳する。

同社では、機能やサービス時の実用性を検証した上で、今後、本格導入を進める。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集