豊田合成、南米初の生産拠点が稼働開始

自動車 ビジネス 海外マーケット
GDBRインダストリアコメルシオ
  • GDBRインダストリアコメルシオ
  • 開所式の様子
豊田合成は現地時間4月13日、ブラジルの生産子会社GDBRインダストリアコメルシオの開所式を実施した。

GDBRは、自動車生産が拡大し需要が見込まれる南米地域において、オートモーティブシーリング製品、セーフティシステム製品および内外装部品を供給することをねらいに設立。同社にとって、南米地域およびブラジルにおいて初の生産拠点となる。

開所式で荒島正会長は「豊田合成グループにとってGDBRは南米初の生産拠点であり、その稼動開始は記念すべき節目となる。長期的に成長が期待されるブラジル市場において、更なる現地化を図ることで成長を目指したい」と抱負を述べた。

豊田合成はブラジルでGDBRの他にも、2015年11月に自動車用樹脂部品を生産するペクバル社に資本参加しており、2拠点体制でカーメーカーへ製品を提供。今後もグローバルで最適な生産・納入ができる体制を整えていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • フォード、メキシコに新工場…2018年から小型車生産 画像 フォード、メキシコに新工場…2018年から小型車生産
  • メルセデス、ブラジル新工場の開所式…Cクラス 生産開始 画像 メルセデス、ブラジル新工場の開所式…Cクラス 生産開始
  • 豊田合成、トラック向け脇見・居眠り警報ハンドルを開発 画像 豊田合成、トラック向け脇見・居眠り警報ハンドルを開発
  • 豊田合成、世界初となるガラス封止紫外線LEDを開発 画像 豊田合成、世界初となるガラス封止紫外線LEDを開発

特集