ロンドン・ヒースロー空港、3月旅客数が過去最高を記録…大型機乗り入れが後押し

航空 企業動向

ヒースロー空港ターミナル2A
  • ヒースロー空港ターミナル2A
ロンドン・ヒースロー空港は4月11日、3月の航空旅客数が前年同月比2.5%増の610万人で、過去最高を記録したと発表した。

新記録達成を後押ししたのは、エアバスA380型機に代表される、より多くの旅客を運べる大型機の乗り入れ。大韓航空が3月27日からソウル線にA380を投入し、ヒースローにA380を就航させている航空会社は計9社となった。また、エミレーツ航空は7月からドバイ線の全便(1日6往復)をA380で運航する。

路線別旅客数で好調だったのは、中国線(12%増)、メキシコ線(6%増)、インド線(4%増)、中東線(9%増)。東南アジア線の好調も続いており、ベトナム航空はハノイ線とホーチミン線、ブリティッシュ・エアウェイズはクアラルンプール線、ガルーダ・インドネシア航空はジャカルタ線を運航している。ガルーダ・インドネシアのジャカルタ直行便は3月に開設されたばかり。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース