トヨタとトヨペット店「ふれあいグリーンキャンペーン」緑豊かな街づくり

トヨタ自動車は、2016年4月から2017年3月までの1年間、全国のトヨペット店と共同で「第41回ふれあいグリーンキャンペーン」を実施する。

自動車 ビジネス 企業動向
ふくしま(福島県産ソメイヨシノ)
  • ふくしま(福島県産ソメイヨシノ)
  • ガクアジサイ
  • ユキヤナギ
トヨタ自動車は、2016年4月から2017年3月までの1年間、全国のトヨペット店と共同で「第41回ふれあいグリーンキャンペーン」を実施する。

同キャンペーンは、緑豊かな街づくりをめざし、地域に根ざした社会貢献活動の一環として国土緑化推進機構の協賛を受けて1976年から毎年実施しており、今年で41回目。2011年からは「Green Life応援活動」の一環として実施している。

全国各地区のトヨペット店が、「ふくしま(福島県産ソメイヨシノ)」「ガクアジサイ」「ユキヤナギ」3種の苗や、トヨタが独自で開発した大気浄化能力の高い環境改善植物「キルシェレッド」「キルシェピンク」「ヴァルト」等を各自治体へ寄贈。そのほか様々な緑化活動を各自治体や地元の要望を踏まえて実施する。なお、今年より「ふくしまサクラモリプロジェクト」の福島県産ソメイヨシノの苗木を、ブランド名「ふくしま」とし、昨年に引き続き、東日本大震災の復興支援の一環として採用する。

また、全国各地で行われる寄贈式や植樹式には、2016年度のミス/準ミス・インターナショナル日本代表2名を「緑の大使」として派遣する予定だ。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集