【IAAE16】日本特殊陶業、初の単独出展…業者向け講習会も開催

自動車 ビジネス 国内マーケット
日本特殊陶業 ブースイメージ
  • 日本特殊陶業 ブースイメージ
日本特殊陶業は、3月16日から18日まで東京ビッグサイトで開催される「第14回 国際オートアフターマーケットEXPO(IAAE)2016」に出展する。

今回が初の単独出展となる同社は、製品展示やブースでの講習会を通じて、適切なタイミングでの交換部品の重要性や品質・信頼性へのこだわりを訴求する。

ブースでは、NGKブランドから、優れた着火性と燃焼効率を実現する「補修用高性能スパークプラグ」、市場での需要が高まっている「イグニッションコイル」を展示。NTKブランドからは排ガスのクリーン化に貢献する「酸素センサ」を展示する。

また、整備事業者や部品卸商社を対象に講習会を開催。予防整備の重要性や正しい交換方法を同社技術サービススタッフが説明する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 【IAAE16】ブロードリーフ、ITサービスを導入した次世代整備工場を体感 画像 【IAAE16】ブロードリーフ、ITサービスを導入した次世代整備工場を体感
  • 日本特殊陶業賞、今年も実施…FC岐阜のシーズンMVP選手をファン投票で決定 画像 日本特殊陶業賞、今年も実施…FC岐阜のシーズンMVP選手をファン投票で決定
  • 【東京オートサロン16】コジマ KE007…富士SW初F1参戦の国産マシン[詳細画像] 画像 【東京オートサロン16】コジマ KE007…富士SW初F1参戦の国産マシン[詳細画像]
  • 【スーパーフォーミュラ】開幕戦、大会名称が「2016 NGKスパークプラグ 鈴鹿2&4レース」に 画像 【スーパーフォーミュラ】開幕戦、大会名称が「2016 NGKスパークプラグ 鈴鹿2&4レース」に
  • 日本特殊陶業、スパークプラグ用部品の新工場を本格稼働…年10億個生産体制へ 画像 日本特殊陶業、スパークプラグ用部品の新工場を本格稼働…年10億個生産体制へ

特集

おすすめのニュース