エールフランス、ニューヨーク線とテヘラン線を開設へ

航空 企業動向
エールフランスのボーイング777-200
  • エールフランスのボーイング777-200
  • テヘラン
エールフランス航空はパリ(オルリー)=ニューヨーク(ジョン・F・ケネディ)線とパリ(シャルル・ド・ゴール)=テヘラン線を来年中に開設する。

パリ(オルリー)=ニューヨーク(JFK)線は来年6月に開設予定。便数は1日1便。機材は3クラス309席のボーイング777-200。同路線の開設により、利用客はフランス国内線の乗り継ぎが便利になる。なお、新規路線は米デルタ航空との大西洋路線における業務提携の一環。

パリ(シャルル・ド・ゴール)=テヘラン線は来年4月に開設予定。便数は週間3便(水・金・日)。エールフランスは、2008年10月以来の直行便開設で、フランス・イラン間の商業交流再開を支援するとしている。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集