パナソニック、カーナビを活用した業務用車両運行管理システムを拡充

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
パナソニックの業務用車両運行管理システム
  • パナソニックの業務用車両運行管理システム
  • 運行業務管理のシステム構成

パナソニックは、法人向けAV一体型カーナビ用運行管理ソフトおよび、業務用SSDポータブルカーナビの新製品等を12月下旬より発売、加えて業務管理クラウドサービス「ドライブボス」を2016年1月下旬より開始する。

パナソニックでは、ポータブルカーナビを活用し、SDメモリーカードを介して通信コストをかけず手軽に導入が可能な車両運行管理システムを市場に投入。運送会社に限らず営業車両を保有する一般企業への販売を推進してきた。

今回、法人向けAV一体型カーナビ「CN-B200D」を、運行管理システム対応にバージョンアップできるアプリケーションソフトを発売。多彩な運行管理機能を搭載する運行管理ソフト「CA-AGA152B」を使用することで、業務の効率化、作業負担の軽減、安全運転サポートを実現する。

また、多拠点で事業を展開する企業に向けて、インターネット経由で拠点間の情報を一元管理できるクラウドサービス「ドライブボス」を開始。多拠点間のデータをクラウド上で管理することで、本社サイトで一元管理が可能となる。

また、昨年導入した業務用SSDポータブルカーナビやパソコン用業務管理ソフトの新製品も、使い易さを向上し、日々の業務の可視化による効率化や安全運転をサポートする。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース