ストリートビューのパノラマ撮影事業「ブリッヂ」社、地方に光を

 360度のパノラマ写真撮影事業を展開するブリッヂは、渋谷ヒカリエ(東京都渋谷区)で28日と29日に開催される「地方創生まちづくり EXPO“まちてん”」に出展する。

エンターテインメント 話題
ブリッヂが撮影した360度のパノラマビューのイメージ
  • ブリッヂが撮影した360度のパノラマビューのイメージ
  • 小布施町の「地域まるごと見える化プロジェクト」の概要
 360度のパノラマ写真撮影事業を展開するブリッヂは、渋谷ヒカリエ(東京都渋谷区)で28日と29日に開催される「地方創生まちづくり EXPO“まちてん”」に出展する。

 同社は長野県小布施町で開催された「地域まるごと見える化プロジェクト」にストリートビューの撮影担当として参加している。これは、Googleマップを使い、国内だけではなく海外にも向けて「まちの魅力」を発信するという、新しい観光マーケティングだ。この取り組みでブリッヂは商店や宿、観光スポットなど約60件の施設を撮影した。

 同社は今回の“まちてん”で、ストリートビューにより地域情報を活発化させるための方法を紹介。ブースではタッチパネル型PCやタブレットを用意し、360度のパノラマビューの臨場感を体験できるという。

 “まちてん”は地方創生まちづくりを推進するイベント。日本を代表する30名のまちづくりイノベーターが登壇する「まちてんカンファレンス」のほか、全国各地で地方創生に取り組む企業や団体のトークセッションも予定している。

ストビューのブリッヂ、地方創生まちづくりEXPOに出展

《加藤/H14》

特集