パンダの赤ちゃんが一般公開…マレーシア

エマージング・マーケット 東南アジア

マレーシア(イメージ)
  • マレーシア(イメージ)
中国から貸与を受けたジャイアントパンダのつがい、シンシンとリアンリアンとの間に8月18日生まれた雌のパンダが17日、国立動物園ズー・ネガラで一般公開された。

体重は4.67キロと丸々としており、順調な成長ぶりをうかがわせる。誕生時の体重は175グラム。

公開式に出席したワン・ジュナイディ天然資源環境相は、公開で動物園入園者が25%増加するとの期待を表明した。12月17日まで、赤ちゃんパンダの名前を募集するキャンペーンを実施する。
小栗 茂

編集部おすすめのニュース