コンチネンタルの決算、純利益は28.4%増…2015年第3四半期

自動車 ビジネス 企業動向

コンチネンタル スポーツコンタクト6
  • コンチネンタル スポーツコンタクト6
  • 衝突被害軽減ブレーキ
タイヤをはじめ、世界有数の自動車部品サプライヤーとして知られるドイツのコンチネンタルは11月9日、2015年第3四半期(7-9月)の決算を発表した。

同社の発表によると、第3四半期の売上高は、96億1760万ユーロ(約1兆2706億円)。前年同期の86億6950万ユーロに対して、10.9%増加した。

また、第3四半期の純利益は、6億3570万ユーロ(約840億円)。前年同期の4億9510万ユーロに対して、28.4%の増益を達成している。

2桁の増収を達成した要因のひとつが、欧州や北米での成長。これが自動車メーカーの中国での減産の影響を補った。

コンチネンタル取締役会のエルマー・デゲンハート会長は、「困難な環境の中、第3四半期に確かな業績を達成した」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集