ISS長期滞在中の油井宇宙飛行士、地球への帰還が12月前半に前倒しの可能性

宇宙 企業動向

「デスティニー」(米国実験棟)で作業を行う油井宇宙飛行士
  • 「デスティニー」(米国実験棟)で作業を行う油井宇宙飛行士
  • S-CUBE放出後、「きぼう」から放出の成功を伝える油井宇宙飛行士
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在中の油井亀美也宇宙飛行士の地球帰還が12月前半に前倒しとなる可能性があると発表した。

油井宇宙飛行士は、7月23日から第44/45次長期滞在クルーとしてISSに長期滞在し、「きぼう」日本実験棟の特徴を活用した実験を行っている。

これまで、油井宇宙飛行士が搭乗するソユーズ宇宙船(43S/TMA-17M)の帰還目標日を12月22日頃としていたが、帰還目標日が12月前半となる可能性が出てきた。

今後、日本を始めとする参加各国で調整を進め、帰還目標日については改めて決定する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集