オダギリジョー主演ドラマの主題歌にRCサクセション“最後の名曲”

エンターテインメント 話題
RCサクセション
  • RCサクセション
  • オダギリジョー主演ドラマ「おかしの家」(c) TBS
 2009年に他界した忌野清志郎さん率いるロックバンド・RCサクセションの楽曲「空がまた暗くなる」が、10月21日午後11時53分スタートするTBSドラマ「おかしの家」の主題歌に決定した。

 「空がまた暗くなる」は、現時点でのRCサクセションの最後のアルバムとなる『Baby a Go Go』に収録されており、忌野さんが作詞・作曲を手掛けた。子どものころには誰もが持っていた「勇気」を忘れてしまった大人に、次の一歩を踏み出すよう背中を押してくれる、まさに今の時代にも当てはまる名曲だ。

 同ドラマのプロデューサー佐野亜裕美氏は、「石井監督とこのドラマの話を進めていくうちに、この曲がエンディングにかかるようなドラマにしたいと漠然と思いはじめ、脚本作りの参考になれば、と監督にお送りした。脚本が完成し、もはや『空がまた暗くなる』しかありえないという話になりお願いした」と、同ドラマサイトで主題歌決定のエピソードを明かした。

 ドラマ「おかしの家」は、東京・下町の駄菓子屋「さくらや」を舞台にした、笑いと涙と人間味の溢れた心温まる物語。主演のオダギリジョーは、祖母・明子が営む経営状態の苦しい駄菓子屋「さくらや」を守ろうと奮闘する主人公・太郎を演じる。オダギリはこの主題歌決定にあたり「流行りすたりの曲ではなく、RCの曲を使う辺り、このドラマの“粋”なところが分かるでしょ?」とコメントを発表している。

RCサクセション、オダギリジョー主演ドラマの主題歌に決定

《花@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース