ルフトハンザ、フランクフルト=タンパ線の運航を開始

航空 企業動向
ルフトハンザのエアバスA340-300
  • ルフトハンザのエアバスA340-300
ルフトハンザは9月24日、フランクフルト=タンパ直行便の運航を開始した。

タンパは米フロリダ州西岸の都市で、多くの観光客が訪れることで知られる。運航便数は週5便(月・火・金・土・日)。10月25日からの冬ダイヤ期間は週4便(月・水・金・土)に変更される。機材は3クラス298席仕様のエアバスA340-300型機。

フライトスケジュールは以下の通り。LH482便はフランクフルトを11時に出発し、タンパに15時50分に到着。LH483便はタンパを17時20分に出発し、フランクフルトに8時45分(翌日)に到着する。所要時間は約10時間50分。

24日現在、ルフトハンザは米国の18地点、フロリダ州の3地点(マイアミ、オーランド、タンパ)に就航している。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース