駅構内でロッカー倒しながら軽ワゴン車が暴走

自動車 社会 社会

21日午後1時30分ごろ、福岡県太宰府市内の市道で軽ワゴン車が暴走。西鉄大宰府駅の構内に突っ込む事故が起きた。クルマはコインロッカーを押しながら走行し、構内を歩いていた4人が負傷している。

福岡県警・筑紫野署によると、現場は太宰府市宰府2丁目付近。軽ワゴン車は西鉄大宰府駅前のロータリーに入ったところで暴走。駅構内のコインロッカーに突っ込んだ。

クルマは倒れたロッカーを押し出しながら暴走を続け、構内を歩いていた2人に接触。避けようとした2人が転倒し、あわせて4人が打撲などの軽傷を負った。警察はクルマを運転していた77歳の男性から自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)容疑で事情を聞いている。

警察では男性がアクセルとブレーキを踏み間違えたものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集