スカンジナビア航空、改良型 A330-300 初号機を就航…欧州の航空会社では初

航空 企業動向

スカンジナビア航空の改良型A330-300
  • スカンジナビア航空の改良型A330-300
スカンジナビア航空(SAS)は9月21日、改良型A330-300初号機をコペンハーゲン-シカゴ線に就航させた。改良型A330-300を路線に投入するのはSASが欧州で初めてとなる。

改良型A330-300初号機はSASにとって13機目の長距離路線用機材。最大離陸重量は242トン(従来のA330-300から9トン増)。航続距離は9600kmから1万400kmに延長、燃料消費量は2%削減される。座席数は3クラス262席。

改良型A330-300初号機は今後ストックホルム=香港線などに投入される。SASは新機材を導入し、需要が高い目的地に新たに乗り入れることで、長距離路線の強化を続ける方針。今後半年で3機の改良型A330-300、さらに2018年からはA350XWB(A350-900)の受領を予定している。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース