エアプサン、福岡=釜山線と関空=釜山線を増便へ

航空 企業動向

エアプサン公式サイト
  • エアプサン公式サイト
韓国の格安航空会社(LCC)、エアプサンは9月17日、冬スケジュール(10月25日~来年3月26日)の期間、福岡=釜山線、大阪(関西)=釜山線の増便を実施すると発表した。

福岡=釜山線の運航便数は1日4往復(1往復増)となる。現在運航中の便より出発時刻が早い便を新設し、旅客により多くの選択肢を提供する。新規増便分のフライトスケジュールは以下の通り。BX147便は福岡を9時20分に出発し、釜山に10時15分に到着。BX148便は釜山を7時35分に出発し、福岡に8時30分に到着。機材はエアバスA321。

大阪(関西)=釜山線の運航便数は、週4往復のBX125/126便がデイリー運航に移行し、1日3往復となる。また、BX125/126便の機材はA320(162席)からA321(195席)に変更、同路線の運航機材はA321に統一される。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集