16日の反BERSIH大集会、華人の間で懸念高まる マレーシア

エマージング・マーケット 東南アジア

マレーシア(イメージ)
  • マレーシア(イメージ)
9月16日の「マレーシア・デー」にマレー人右派団体が「マレー人尊厳協会集会」と称する大規模集会の開催をクアラルンプール(KL)で計画していることに、華人の間で懸念が高まっている。

同大集会は、公正な選挙を求める活動を行なっている非政府組織(NGO)が8月29日午後から31日未明にかけて開催したナジブ・ラザク首相の退陣を求める大規模集会、「BERSIH(クリーン)4.0」に対抗したもので、BERSIH4.0の黄色シャツに対抗して赤シャツを着ているため「赤シャツ・ラリー」などとも呼ばれている。警察は中止を求めているが、主催者側は30万人を動員すると公言している。
「反BERSIH4.0集会」を呼び掛けている与党第一党・統一マレー国民組織(UMNO)のジャマル・モハマド・ユノス氏(スンガイベシ支部)ら末端右派とUMNO機関紙であるマレー語紙「ウトゥサン・マレーシア」は、華人系の野党・民主行動党(DAP)がBERSIH4.0を陰で糸を引いていると主張しており、大集会が暴走して過激な反・華人活動に発展する恐れが懸念されている。

こうした懸念から首都圏の華人の間では、ソーシャルネットを通してKL市内に近づかないようにとの呼び掛けが広がっている。大集会の中心地となるブキ・ビンタン地区などの多くの華人商店は混乱を避けて閉店する模様だ。在マレーシア日本国大使館も、在留邦人向けに注意喚起を行なっている。

民族対立への発展を懸念する19の穏健派マレー系組織は、連名で「反BERSIH4.0集会」への反対を訴えた。またセランゴール州国民福祉発展機関(ProRakyat)とオタイ・リフォルマシが、メンバー2,500人をパトロールに出し、華人を保護するとの声明を発表した。大集会の動きを監視するという。
伊藤 祐介