トヨタ、工場従業員の再雇用時の処遇改善へ

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタ堤工場(資料画像)
  • トヨタ堤工場(資料画像)
  • トヨタ堤工場(資料画像)
トヨタ自動車は9月9日、定年後に再雇用されている国内工場の従業員の処遇を現役時代とほぼ同等に改善する人事制度を導入すると明らかにした。労使が合意に達したもので、2016年1月に導入する。

トヨタでは60歳の定年後に最長65歳まで再雇用する「スキルド・パートナー」という制度がある。給与などの処遇は現役時代から減額されているが、工場で一定の職位にある人については、現役時代並みの処遇とすることになった。

高い技能や現場の運営能力をもったベテラン従業員の雇用延長と処遇改善により、生産現場の競争力維持につなげていく方針だ。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集