スマートフォンの販売台数、上半期は42%増=IDC マレーシア

エマージング・マーケット 東南アジア

マレーシア(イメージ)
  • マレーシア(イメージ)
インターナショナル・データ・コーポレーション(IDC)は、マレーシアにおける上半期のスマートフォン及びタブレット端末の販売台数は、それぞれ前年同期比42%、15%増加したと明らかにした。

IDCが発表したアジア及び太平洋地域の携帯電話及びタブレット端末に関するレポートによると、スマートフォンの販売台数は480万台、タブレット端末は90万台となった。

IDCのアナリストジェンセン・オオイ氏によると、4月1日付けでの物品・サービス税(GST)導入や通貨リンギの下落、政治的要因により、上半期は販売台数の減少が予想されていたが、500リンギ以下の安価なスマートフォンや300リンギ以下のタブレット端末の販売台数が多かったことが、販売台数を押し上げた。

マレーシアにおけるスマートフォンの市場シェアのトップは、「サムスン」で40%だった。それに「ASUS」(20%)、「アップル」(15%)、「レノボ」(13%)、「ファーウェイ」(12%)が続いた。

タブレット市場でも「サムスン」が30%でトップだった。それに「レノボ」(27%)、「アップル」(27%)、「ASUS」(13%)、「エイサー」(3%)が続いた。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース