2020年までに羽田・成田空港の合計発着枠を8万回拡大へ

航空 行政

国土交通省は、2016年度概算要求で、首都圏空港の機能強化に向けて羽田空港の飛行経路などを見直し、2020年までに羽田・成田空港の年間合計発着枠を約8万回拡大する。

羽田空港の飛行経路の見直しに必要となる航空保安施設、誘導路などの施設整備について調査・設計を実施する。加えて、駐機場・誘導路の整備、国際線・国内線地区を結ぶトンネルの整備、空港アクセス道路改良、C滑走路の耐震対策、航空保安施設の更新・改良を実施する。これらについて498億円を要求する。

国際航空の拠点となる首都圏空港について、国際競争力を強化し経済成長を促進するために必要な施設整備を重点的に実施する。特に、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の円滑な開催や、その先を見据え、首都圏の国際競争力の強化、増加する訪日外国人旅行者の受け入れ体制を拡充する。

また、訪日外国人旅行者が急激に増加している状況を踏まえ、訪日外客数「2000万人時代」に備えるため、那覇空港と福岡空港の滑走路を増設する。空港ゲートウェイ機能強化、管制処理能力の向上による航空ネットワークの基盤強化や地方航空ネットワークの安定的な確保を図る。2016年度の要求額は876億円。

このほか、航空の安全・安心確保に向けてエアライン操縦士や公共性の高いドクターヘリコプター操縦士の養成・確保についての取組を促進するとともに、無人航空機の飛行禁止空域や飛行方法を定めるなど、安全運航を確保する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集