JR西日本、9月1日からきのくに線全線再開…台風で土砂流出被害

鉄道 企業動向
JR西日本は8月31日、台風の影響で一部の区間が不通になっている紀勢本線(きのくに線)について、9月1日の初発から全線再開すると発表した。

きのくに線は紀伊半島西側の新宮~和歌山間200.7kmを結ぶ鉄道路線。このうち新宮~三輪崎間(和歌山県新宮市)が台風16号の高波により土砂が流出し、この区間を含む新宮~紀伊勝浦間が8月22日から運転を見合わせていた。このほど、復旧工事が進んだことから、運行を再開することが決まった。

鉄道の再開に伴い、バスによる代行輸送は8月31日の最終便をもって終了する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • JR西日本、10月31日から南紀・北近畿特急に「289系」投入 画像 JR西日本、10月31日から南紀・北近畿特急に「289系」投入
  • 西日本のJR線など、台風の影響で運休続く 画像 西日本のJR線など、台風の影響で運休続く
  • 鉄道の災害運休区間、台風11号の影響で微増…6・7月末 画像 鉄道の災害運休区間、台風11号の影響で微増…6・7月末
  • JR北海道、石北線不通区間は8月8日復旧へ 画像 JR北海道、石北線不通区間は8月8日復旧へ

特集