燃料電池車や水素エネルギーを学ぼう…つくばで小学生対象の体験会、8月20日

自動車 ビジネス 企業動向
MIRAIの試乗を終え、排出される水を確認
  • MIRAIの試乗を終え、排出される水を確認
  • 水素に関する講習の様子
  • 水素で走るFCミニカーの組み立て
日本自動車研究所は、8月20日に茨城県県西生涯学習センターが開催する「子ども大学けんせい」で、燃料電池車や水素エネルギーの広報・教育活動を実施する。

茨城県つくば市にあるつくば研究所で、「水素で走る車~燃料電池自動車(FCV)のしくみを知ろう!」の講習や、「MIRAI」の同乗走行などさまざまな体験を実施する予定。

「子ども大学けんせい」は、茨城県県西生涯学習センターが開催する小学4・5・6年生の「大学生」を対象としたキャンパス。

日本自動車研究所では、8月7日にも、市内の指定研究機関等を見学・体験しながら回るスタンプラリー「つくばちびっ子博士」で、水素に関する講習を行ったあと、燃料電池車「トヨタMIRAI」の同乗走行体験、水素で走るFCミニカーの走行体験などを実施するなど、子ども達に将来の水素エネルギーについての広報・教育活動を実施している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • JARI、つくば研究所に MIRAI を導入…茨城県で初 画像 JARI、つくば研究所に MIRAI を導入…茨城県で初
  • 水素社会構築へ、NEDO古川理事長「グローバルなサプライチェーンが不可欠」 画像 水素社会構築へ、NEDO古川理事長「グローバルなサプライチェーンが不可欠」
  • 国土交通省、「電気自動車による地域交通グリーン化事業」を公募 画像 国土交通省、「電気自動車による地域交通グリーン化事業」を公募
  • 水素ガス爆発の影響を予測できるシミュレーションシステム開発…清水建設 画像 水素ガス爆発の影響を予測できるシミュレーションシステム開発…清水建設

特集