BPカストロール中間決算…販売コスト削減で営業益8.8%増

自動車 ビジネス 企業動向
BPカストロールは7月29日、2015年1-6月期(第2四半期累計)の決算を発表した。

それによると、売上高は60億9100万円(前年同期比-6.4%)、営業利益は11億2400万円(+8.8%)、経常利益は11億3700万円(+8.2%)、四半期純利益は6億8900万円(-37.5%)だった。

自動車用潤滑油の販売では、環境配慮型の低粘度・省燃費のプレミアムオイルや、オートマチックミッション用オイルの拡販などに注力。売上は伸び悩んだものの、原価や販売コストの削減で、営業利益8.8%増を確保した。純利益については前年同期に特別利益8億円を計上していたことから37.5%の減益となった。

通期業績見通しは、前回予測を据え置いた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • ENEOSブランド初のフラッシング専用オイルを発売 画像 ENEOSブランド初のフラッシング専用オイルを発売
  • バーチャル世界を“リアルに”ドライブ!? カストロールの限界映像[動画] 画像 バーチャル世界を“リアルに”ドライブ!? カストロールの限界映像[動画]
  • カストロール、仮想空間を実車で走るバーチャルドリフト動画を公開 画像 カストロール、仮想空間を実車で走るバーチャルドリフト動画を公開
  • 日産の第1四半期決算、田川常務「日本市場は基礎固めの年と位置付けている」 画像 日産の第1四半期決算、田川常務「日本市場は基礎固めの年と位置付けている」
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース