オーストリア航空、ドバイ直行便を運休へ…余剰輸送力で3路線開設へ

航空 企業動向
オーストラリア航空
  • オーストラリア航空
オーストリア航空は7月20日、ウィーン=ドバイ直行便を運休すると発表した。運休について、同航空は熾烈な価格競争で運航の継続が困難になったためと説明している。

最終運航日はウィーン発が9月13日、ドバイ発が14日。同じルフトハンザグループ傘下の航空会社(ルフトハンザドイツ航空とスイスインターナショナルエアラインズ)は、フランクフルト、チューリッヒ、ミュンヘン=ドバイ直行便を今後も変わらず運航する。

なお、オーストリア航空はドバイ直行便の運休で生じる余剰輸送力を新規開設路線で活用する方針。同航空は10月16日にマイアミ直行便(週間5便)、27日にコロンボ直行便(同1便)、29日にモーリシャス直行便(同2便)の運航を開始する。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

  • 繁忙期直前のドバイ空港、早めの空港入りを呼びかけるキャンペーン 画像 繁忙期直前のドバイ空港、早めの空港入りを呼びかけるキャンペーン
  • エミレーツ航空、スマホ専用ワイヤレス充電台を設置…ドバイ国際空港ラウンジ 画像 エミレーツ航空、スマホ専用ワイヤレス充電台を設置…ドバイ国際空港ラウンジ
  • オーストリア航空、ANAとルフトハンザの合弁事業に参画 画像 オーストリア航空、ANAとルフトハンザの合弁事業に参画
  • ANA、ルフト、スイスエア、オーストリア航空の4社で日欧共同運営 画像 ANA、ルフト、スイスエア、オーストリア航空の4社で日欧共同運営

おすすめのニュース