在留邦人数、マレーシアは2万2,056人 前年比3.1%増で世界12位

日本の外務省が22日発表した海外在留邦人数調査(昨年10月1日時点)によると、マレーシアの在留邦人数は2万2,056人で、前年同期比3.1%の増加となった。

エマージング・マーケット 東南アジア
日本の外務省が22日発表した海外在留邦人数調査(昨年10月1日時点)によると、マレーシアの在留邦人数は2万2,056人で、前年同期比3.1%の増加となった。

世界では前年に続いて12位、東南アジアではタイ(5位)、シンガポール(11位)に次いで多かった。

登録先の内訳では、クアラルンプール(KL)の在マレーシア大使館が1万6,402人、ペナン総領事館が3,521人、在ジョホールバル駐在官事務所が1,148人、在コタキナバル領事事務所が985人--で、ジョホールバルが27.8%と最も高い伸びとなった。永住者は1,420人で15.1%のマイナス、3カ月以上の長期滞在者は2万636人で4.7%増加した。

一方、マレーシア在所の日系企業数は1,347社で、前年比で3.1%のマイナスとなった。国別では9位。現地法人が1,263社を占めた。製造業が707社とほぼ半数を占め、次いで卸売業・小売業が268社と多かった。
伊藤 祐介
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

おすすめのニュース