リムジンバス 関空-大阪駅前線、深夜早朝に増便…7月1日から24時間運行化

自動車 ビジネス 企業動向
リムジンバス
  • リムジンバス
  • 大阪市内の夜
  • 大阪駅
  • 7月1日から24時間運行へ
  • 大阪駅
  • 大阪駅
  • 大阪
  • 大阪駅
関西空港交通、大阪空港交通、阪神バスは、2015年7月1日から、リムジンバス「大阪駅前~関西空港線」の深夜早朝便を増便し、24時間運行を実施。関空を深夜に発着するLCCの利用客に対応する。

このダイヤ改正により、関空発が2便、大阪駅前発が2便追加され、1日合計111便となる。またこれにより、関空→大阪便は、23時から翌朝6時台まで毎時1本運行となり、0~5時の間は関空出発時間が毎時00分にそろえられた。

関空(第1ターミナルビル)から大阪駅前までリムジンバスを利用すると、所要時間60分、運賃1550円。7月1日からの24時間運行化で、深夜早朝帯が毎時1本、7時台が毎時2本、8~22時台が毎時3本となる。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集