中東で売れる、1本10万円のソース…「ハラール食品」の可能性

 中小企業基盤整備機構(中小機構)が運営する中小企業ビジネス支援サイト「J-Net21」は25日、「中小企業の海外展開入門」コンテンツを更新し、企業事例「わが社の国際ビジネスのポイント」に「第48回 ハラール食品で中東に挑む[グルメストーリー]」を新たに公開した。

エマージング・マーケット 中東・アフリカ
 中小企業基盤整備機構(中小機構)が運営する中小企業ビジネス支援サイト「J-Net21」は25日、「中小企業の海外展開入門」コンテンツを更新し、企業事例「わが社の国際ビジネスのポイント」に「第48回 ハラール食品で中東に挑む[グルメストーリー]」を新たに公開した。

 グルメストーリーは、愛知県にある2009年設立の液状調味料メーカー。調理用ソースやドレッシングなどをOEM(委託先ブランド)で生産する事業をおもに展開しているが、自社製品を開発して海外に販売していきたいという創業時の思いから一念発起。イスラム法において合法で、なおかつ安全、清潔、健康的、高品質、高栄養価であるという基準を満たす「ハラール認証」を13年に得ると、中東地域への進出に乗り出した。

 アラブ首長国連邦(UAE)のドバイに市場を定めると、14年に中東最大の食品見本「Gulfood2014」(開催地:ドバイ)に単独出展。1本10万円の超高級バーベキューソースやドレッシングを展示すると好評となり、これを機に輸出を開始した。今年の「Gulfood2015」では、中間層向けに中価格帯の商品を展示。市場の拡大を図っている。

 「中小企業の海外展開入門」ではこうした企業事例ほかに、「中小企業が国際ビジネスを展開するための基本の“5ステップ”」や、「中小企業の海外展開セルフチェック」などがまとめられている。国内市場が縮小傾向にある事業分野は、同サイトを参考にして海外展開に新たな活路を見出したい。

1本10万円のソースが中東で売れた!ハラール食品の開発で海外展開に活路

《加藤/H14》