ISS長期滞在クルー3人、ロシアの小型研究モジュール2にドッキング

宇宙 テクノロジー
ISSに到着後、地上と交信を行う42Sクルー(手前左からスコット・ケリー宇宙飛行士、ゲナディ・パダルカ宇宙飛行士、ミカエル・コニエンコ宇宙飛行士)
  • ISSに到着後、地上と交信を行う42Sクルー(手前左からスコット・ケリー宇宙飛行士、ゲナディ・パダルカ宇宙飛行士、ミカエル・コニエンコ宇宙飛行士)
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在クルーがISSの「ポイスク」(ロシアの小型研究モジュール2)にドッキングしたと発表した。

第43次/第44次長期滞在クルーのゲナディ・パダルカ宇宙飛行士、第43次/第44次/第45次/第46次長期滞在クルーのスコット・ケリー宇宙飛行士、ミカエル・コニエンコ宇宙飛行士の3人を乗せたソユーズTMA-16M宇宙船(42S)が日本時間3月28日午前4時42分にカザフスタン共和国のバイコヌール宇宙基地から打上げられ、同日午前10時33分にISSにドッキングした。

42Sミッションは、長期滞在クルーとともに、新しいソユーズTMA-16M宇宙船をISSに届けるミッション。今回も打上げ後、地球を周回しながら上昇し、約6時間後にISSにドッキングした。

ISSへ打上げられるソユーズ宇宙船の打上げとしては42回目となった。ISSからの分離・帰還は9月12日の予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ソユーズ宇宙船、3月28日午前4時42分に打ち上げ…クルーはISSに1年間滞在 画像 ソユーズ宇宙船、3月28日午前4時42分に打ち上げ…クルーはISSに1年間滞在
  • ISSに滞在する油井宇宙飛行士の訓練模様を公開…「性能の限界に挑む」 画像 ISSに滞在する油井宇宙飛行士の訓練模様を公開…「性能の限界に挑む」
  • ISS第41次/第42次長期滞在クルーが地球に無事帰還 画像 ISS第41次/第42次長期滞在クルーが地球に無事帰還

特集