イタリアのタイヤ大手、 ピレリ…中国企業が買収

自動車 ビジネス 企業動向
ピレリ F1 イメージ
  • ピレリ F1 イメージ
イタリアのタイヤ製造大手、ピレリ。同社が、中国企業の傘下に入ることが分かった。

これは3月23日、中国の国有化学企業、中国化工集団(ケムチャイナ)が明らかにしたもの。同社は、「ピレリ社の持ち株会社のCamfinから、ピレリの発行済み株式の26.2%を取得することで合意した」と発表している。

なお、ケムチャイナによるピレリの株式の取得額は、1株15ユーロ(約2000円)。

ピレリ社は、世界のタイヤ市場で第5位のシェア。世界最高峰の自動車レース、F1にタイヤを供給。また、イタリアの二大スーパーカーメーカー、フェラーリとランボルギーニに純正装着されていることでも知られる。

一方、ケムチャイナは、傘下にタイヤ事業を行う子会社、「風神輪胎」を擁する。なお、ピレリの買収後も、ピレリの経営体制は継続される。ピレリのMarco Tronchetti Provera会長兼CEOは、「ケムチャイナのような世界的企業とのパートナーシップは、ピレリにとって素晴らしい機会」と述べている。
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース