印マッディヤ・プラデーシュ州、750メガワットの太陽光発電所を建設…世界最大級

インド政府は、来年8月15日のインド独立記念日までにマッディヤ・プラデーシュ州Rewa地区にて750メガワットの太陽光発電所を建設することを12日に承認した。エコノミックタイムスが伝えた。

エマージング・マーケット インド・南アジア
インド政府は、来年8月15日のインド独立記念日までにマッディヤ・プラデーシュ州Rewa地区にて750メガワットの太陽光発電所を建設することを12日に承認した。エコノミックタイムスが伝えた。

これはアメリカ合衆国が誇るカリフォルニア州のDesert Sunlight solar projectの550メガワットを超え世界最大級となる。

1500ヘクタールの土地で400億ルピーを投じたこの計画はまもなくコンペにかけられ、4月までに政府機関がデベロッパーからの入札を開始する。

新エネルギーおよび再生可能エネルギー局SR・モハンティ書記官によれば、250メガワットずつ3機の発電装置が建設され2016年8月15日までに操業を開始する予定。

土地の90%以上は政府が所有するもので今月末までには取得が完了するとしている。
編集部

編集部おすすめのニュース

Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

おすすめのニュース