プレス工業の第3四半期決算…国内トラック用部品好調もコスト増で増収減益

自動車 ビジネス 企業動向
プレス工業(イメージ)
  • プレス工業(イメージ)
プレス工業は2月12日、2014年4-12月期(第3四半期)の連結決算を発表した。

それによると、売上高1432億2200万円(前年同期比+5.6%)、営業利益は64億6200万円(-5.3%)、経常利益は71億9400万円(-1.6%)、四半期純利益は43億8200万円(-4.7%)だった。

自動車関連事業については、国内の普通トラック・小型トラック用部品が好調だったほか、米国のピックアップトラックやSUV需要が堅調に推移。しかし、原価コストの増加が収益を圧迫し、増収減益となった。

通期業績見通しについては、前回予想を据え置いた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 市光工業の第3四半期決算…営業赤字4億円、円安による輸入部材のコスト増が影響 画像 市光工業の第3四半期決算…営業赤字4億円、円安による輸入部材のコスト増が影響
  • 横浜ゴム通期決算…売上、営業利益、純利益が3年連続で過去最高 画像 横浜ゴム通期決算…売上、営業利益、純利益が3年連続で過去最高
  • ヨロズ第3四半期決算…北米・中国好調に加え、為替差益計上で純利益44.2%増 画像 ヨロズ第3四半期決算…北米・中国好調に加え、為替差益計上で純利益44.2%増
  • ティラド第3四半期決算…価格カルテル和解金計上で純利益83.6%減 画像 ティラド第3四半期決算…価格カルテル和解金計上で純利益83.6%減

特集