【アニメジャパン15】イベントプロデューサーが教える「メインエリアの歩き方」

エンターテインメント 映画・ドラマ・映像作品

左)野島鉄平プロデューサー、右)金沢利幸氏
  • 左)野島鉄平プロデューサー、右)金沢利幸氏
  • 野島鉄平プロデューサー
  • 金沢利幸氏
2015年3月20日から22日まで、総合アニメイベントであるAnimeJapan 2015が東京ビッグサイトで開催される。(20日はビジネスエリアのみ)。初開催だった前回AnimeJapan 2014は2日間で11万人以上が来場し大成功を収めている。
イベントの牽引力になっているのが、東京ビッグサイト東展示棟1~6に広がるメインエリである。ここでは企業ブースのほか、3つの大型ステージやオープンシアターが設けられ、人気作品や声優、アーティスト、制作スタッフが多数登場する。さらに、Anime+ステージ、Production Works Streetやチャリティーオークションなど主催者企画も多彩である。

AnimeJapan 2015のメインエリアの見どころは?そして、それらはどういったコンセプトで創られているのか?
アニメ!アニメ!では、前回の総合プロデューサーに引き続き、メインエリアを担当するエンターテインメントエリアカテゴリーのプロデューサー・野島鉄平氏、そして金沢利幸氏に話を伺った。3月のAnimeJapan 2015が待ちきれなくなる情報もたっぷりだ。

AnimeJapan 2015 http://www.anime-japan.jp/
*「事前販売 入場券(ステージ観覧抽選応募権付き)」は2月15日まで。

■ 「2014を越える」が大前提、「プラスアルファ」を目指す

――今回、「AnimeJapan 2015」はプロデューサー6人ということですが、そのなかでの御二方の役割から教えてください?

野島鉄平氏(以下野島)
二人とも主に一般のファンのかたが訪れるメインエリアを担当しています。僕はステージイベント、プロダクションワークスストリートやコスプレエリアなどの主催者施策、その全体を見ています。金沢さんはオフィシャルグッズと、ポスターやCMを含めた宣伝まわりを担当しています。

――初回であった2014年は、非常に多くの来場者が訪れました。メイエリアと言えば、多くのファンを集めるステージもありましたが、ほとんど事故もなく大成功だったと思います。主催者側の手応えはあったのでしょうか?

野島
準備期間が短い(昨年は準備期間が実質半年だった)なかであれだけ多くのお客さんが集まっていただけて感謝しています。それと2日間を通して、お客様の滞留時間が長かった事はよかったと思います。
AnimeJapanは見るところがいろいろあって楽しんでいただけたのではないでしょうか。

野島鉄平氏
――逆に2014年がこれだけ成功すると、2015年はさらに新しいものも期待されて、辛くないですか?

野島
僕らの中でも「2014を越えよう」というのは大前提です。プロデューサー陣で、「去年のものをベースとしてなるべく残す。さらにプラスアルファ何を加えるのか」をかなり時間をかけて会議をしました。メインエリアでいうと6時間ぶっ通しで会議したりしましたね。(笑)

――6時間話し合って、「プラスアルファ」の答えは?

野島
色々とでましたね。その中で僕が思う目玉は「アニメプラスステージ」です。去年もオープンステージはあったのですが、出展社に場所を提供するかたちでした。そこを主催者施策のステージに変更して、今回は中身を全て主催者が考えています。
例えばアニラジアワードがあります。こちらは<音泉>様、響様、文化放送様、アニメイトTV様というラジオに関わる企業様全面協力のもと、2014年放送配信ラジオ番組から、一般投票で色々な賞を発表しようと思っております。こちらはたくさんの番組がたくさんの人と出会える機会の場と考えてます。既に1万票以上の投票があり、反響があってうれしいですね。
グッズコンペティション企画では、グッズスマイルカンパニー、コスパ、ムービックの3社が参加します。ユーザーから募集したグッズ企画をその場で「買った」という判断してもらい、採用されれば実際に商品化されます。
これまでホテルで実施していたアニサマ(Animelo Summer Live)の記者会見もここでやります。そしてこのステージは全て整理券なしで見られます。

■ AnimeJapan だから実現するコラボレーションとは?

――主催者施策としては、オフィシャルグッズも力を入れられていますね。

金沢利幸氏(以下金沢)
去年も、作品の垣根を越えて『艦隊これくしょん -艦これ-』と『ストライクウィッチーズ』と『ガールズ&パンツァー』の3作品でのコラボや、『魔法少女まどか☆マギカ』と『あらいぐまラスカル』のコラボをやらせていいただき好評な結果となりました。こちらも昨年を越えようということを目標に取り組んで、AnimeJapanだからこそのアイテムを実現しようと取り組んでいます。
まず『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』と『ゴッドイーター』。こちらは2015年放送作品の制作スタジオコラボで、両作ともアニメーション制作がufotableさんです。
もうひとつは、『うたの☆プリンスさまっ♪』と『月刊少女野崎くん』。女性ユーザーに向けた作品の組み合わせです。『うたプリ』に出てくるピヨちゃんと『野崎くん』のタヌキのキャラクターがコラボレーションしています。
また、「伝統工芸品×アニメ」というテーマの下、日本文化とのコラボレーションを実現し、グッズの販売も展開します。

――そちらは展示だけでなく、販売もされるんですか?

金沢
はい。現在伝統工芸を作っている窯元さんや、作家さんとお話をしつつ「どういったものがつくれるか?」を進めています。

■ メインステージ、コスプレ…もより楽しく

――多くのファンが楽しみにしているものにステージイベントがあります。今年も大型ステージが3つもあります。

野島
RGB(RED、GREEN、BLUE)の3つで、前回とほぼ同数のステージイベントを行います。この3つは新作発表や新作アニメのステージがメインです。
スケジュールを組むのが非常に大変でした (笑)。いくつもの作品に出演しているキャストさんも大勢いますし、組み合わせが大変です。REDとGREEN・BLUEは距離が離れているのですが、それを考えて入れ替えを行ったり、かなり時間をかけました。
去年とステージのかたちや時間、設備は変わらないなかで、さらに面白く、より一層楽しめるようになっていると思います。

――損はさせないぞ、と。

野島
メインのステージは、AnimeJapanのメインにもなっているので、確実に楽しんでもらえるはずです。

――AnimeJapanでコスプレを楽しみたい人も多いですが、コスプレイヤーズワールドはどういったかたちになりますか?

野島
公式シチュエーションというものを用意します。『艦これ』の公式の背景を置いて、写真を撮れたり、『黒子のバスケ』の作中に登場する自転車を用意しました。
またこれは有料ですが、「コスプレチャレンジ」という企画があってコスプレの衣装を借りることが出来ます。コスプレをやってみたい人にも、間口を広げようと思っています。

■ アニメの作り手を見てもらうプロダクションワークスストリート 作画机が会場に出現

――主催者企画についてもう少し教えてください。

野島
プロダクションワークスストリートでは、『ガンダム Gのレコンギスタ』にフォーカスしながらアニメの制作工程を紹介、説明します。去年もやりましたが今年は作品を絞ることで、さらに進歩しました。

――アニメの工程を見せる意義は何ですか?

野島
作品となったアニメを楽しんでもらうのだけでなく、その工程を見ることによってよりアニメを楽しんでもらえるのかなと思っています。これは僕の意見ですが、作り手の顔が見えると作品に愛着がさらに湧くと思うんです。アニメをつくっている場所を直に見てもらいたい。

金沢
若い人が「アニメ業界を目指したいな」と思えるものを展示して見てもらって触れてもらって、アニメに想いを持ってもらいたい。そこで制作や現場で活躍している方々の話を聴ける場もつくりました。今回のプロダクションワークスストリートは、去年より進化していると思います。
例えば今回は作画机など会場に持ち込んで、現場の雰囲気を再現します。実際にスタジオに行った気持ちになれるような中身にしています。

――金沢さんはプロモーションもされていますが、今後具体的な計画教えていただけますか?

金沢
まずはAnimeJapanがいろいろな会社、メーカー、スタジオが手を取り合ってやっているイベントであることを伝えたい。ポスターは、「楽しそうなことが何かありそうだな」という雰囲気が伝わればいいと思い作りました。『天才バカボン』や『ちびまる子ちゃん』もあれば、『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』や『結城友奈は勇者である』だったり、今人気の作品がその一枚に詰まっている。「ここに来たらいろんなもの見れるんだよ」「楽しめるんだよ」とまずお客さんに知って欲しいですね。

金沢
あとメインのポスター以外に、カテゴリーごとに、各エリアをひとつの作品と結びつけた宣伝ビジュアルを描き下ろしで作っています。

野島
キャラクターがAnimeJapanに遊びに来ている、という発想で描き下ろしてもらいました。例えば遊園地が舞台の作品『甘城ブリリアントパーク』のビジュアルは、入場ゲートでキャラクターがお客様をお出迎えし、ビジネスエリアは『課長島耕作シリーズ』が登場し、商談成立したようなイラストになっている、といった具合です。

■ 2日間フルで動き回っても「もっといたかった」を目指す

――今年は音楽をテーマに新たに前夜祭を行います。どういった内容になるのでしょうか?

野島
手前味噌ですが、面白いイベントになると思います。「AJ Night」と言いまして、メーカーの垣根を越えた音楽イベントです。
最近アニソン系クラブイベントが非常に増えていて、アニソンを楽しむツールとして面白いイベントだなと思っていました。そうした面白いものがあるのならAnimeJapanがやらなきゃダメだと思いまして。
上坂すみれさん、黒崎真音さん、鈴木このみさん、三森すずこさん、LiSAさんといった人気のアーティストのライブアクトが実行委員会各社様の協力で決まっています。
DJ陣も世界で活躍されているmotsuさんとDJ KAYAさん。『THE IDOLM@STER』のクリエイターチームがDJとして『アイマス』の楽曲を流してくれる。他にもアニメジャンル以外でも活躍されている皆様をブッキングできたので、新しい要素をたくさんいれた面白いイベントを目指しています。

――今までいろいろ伺って一点に絞るのは難しいと思いますが、お二人がそれぞれの見どころを教えていただけいますか?

金沢
自分が担当している部分ではオフィシャルグッズですね。去年以上のものを目指しています。来場した方は喜んでもらえるはずです。

――数は充分と考えて大丈夫ですか?

金沢
会場にお越しの方にもしっかり購入して頂けるようにしつつ、事前通販は今年もやろうと思っています。好評であれば事後通販も考えたいですね。

野島
RGBのステージはキャパシティに限りがあって、残念ながら落選されてしまう方もいると思います。でも今回は「RGBステージだけではない」を去年より打ち出していきたいと思っています。
Anime+ステージが2日間で計10ステージあったり、謎解きゲームは1時間半みっちり楽しめるように作っています。オープンシアターでは、ロボットアニメとアイドルアニメをテーマに2日間ずっと上映しています。
チャリティーオークションの「2次元に行ける権利」もすごいですよ。ガンダムのパイロットに落札者の顔を入れて1枚絵にするといった企画など。1日だと、回りきれないですね。

――2日間来てください、と(笑)。

野島
そうですね(笑)。2日間フルで動き回って、それでも「もっといたかったな」と思っていただければ。去年もこの話をアニプレックス高橋(優馬)さんとしていたのですが、「アニメのディズニーランド」を目指したいと思っています。「もうちょっと時間があれば…」とか「また来たい」と思う場所です。
各社さんのブースも絶対面白いはずなので、見どころはひとつに絞れていないですが、色々と遊んでください。朝から終わりまで楽しめるので、是非ずっといてください。

――本日はありがとうございました。

AnimeJapan 2015 メインエリアの楽しみかた 野島鉄平プロデューサー、金沢利幸氏に訊く

《animeanime》

編集部おすすめのニュース