ブリヂストン、今シーズンも「サガン鳥栖」のユニフォームスポンサー継続

自動車 ビジネス 企業動向

2015年から新しくなった「サガン鳥栖」のエンブレム
  • 2015年から新しくなった「サガン鳥栖」のエンブレム
ブリヂストンは、プロサッカークラブ「サガン鳥栖」のユニフォームスポンサーを2015年も継続すると発表した。同社は2006年から「サガン鳥栖」を支援しており、今年で10年目となる。

「サガン鳥栖」の本拠地である鳥栖市(佐賀県)には、同社の超偏平・高性能スポーツカー用タイヤを始めとする乗用車用、小型トラック用ラジアルタイヤを生産している鳥栖工場がある。また、鳥栖市は、同社発祥の地である久留米市とも隣接しており、同地域との関わりが深いことから「サガン鳥栖」のスポンサーを務めている。

今シーズンも冠スポンサーとなるホームゲーム「ブリヂストンデー」を開催する予定。このほか、サガンドリームスが久留米・甘木地区で運営するブリヂストン・サッカースクールへの運営にも協力し、地区での青少年育成にも貢献していく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集